MENU

資料室

第98回 選手権 静岡大会 展望(1)

昨年に引き続き、今年もやります!野球を小学校6年生で諦めテニスに転向?した人間の大胆予想。昨年はベスト8予想、2勝6敗(想定内を含めても2勝3分3敗)、やはり静岡大会は全国一難しい。でも、優勝校は見事当てました!静岡大会は優勝校を当てるのが難しいんだから・・・周囲からは「何を言っとるんじゃ、去年の優勝校は誰でも当てられたぞ」との声が・・・(笑)
 
第1ブロック 日大三島
2016 natsu-1.jpg

昨秋・今春ともに県準優勝と安定した成績を残している第2シード・日大三島が頭一つリード。対抗は、静高が昨年の練習試合で苦しめられた左腕・飯田拓也投手を擁する浜松開誠館。春季大会で静高と延長戦を戦った、大黒柱・平林萌投手が牽引する知徳。他には、昨秋の県大会で、橘相手に好投した新井幹大投手のいる御殿場西。昨夏、3試合連続完封をマークした井内駿佑投手のいる浜松市立等、好投手のチームが揃ったブロック。

第2ブロック 磐田東
2016 natsu-2.JPG

昨秋、圧倒的な力で西部地区を制覇したものの県2回戦で敗退。今春も、地区大会敗退となかなか勝ちきれない磐田東だが、投打の柱・加藤脩平選手を中心とする戦力は県内トップクラス。初の甲子園を狙う。シード校・三島南、今春西部2位好投手・稲垣淳之介投手のいる袋井、富士市立が追う展開。また元南海・大久保学(99期)新監督を迎えたオイスカにも是非注目したい。 
 
第3ブロック 飛龍
2016 natsu-3.JPG

シード校・掛川西にとっては厳しいブロックとなった。春は地区大会で敗退したものの、主砲・佐藤蓮選手左腕・杉山京吾投手を擁する、昨夏準優勝の飛龍。元日本ハム・田中幸雄監督が率いプロ注目・叺田本気捕手のいる菊川南陵。昨秋・今春ともに日大三島に1点差で敗れている県内屈指のショート・雨宮一成選手がいる加藤学園。元近鉄・吉田道監督率いる浜松学院、聖隷クリストファー等、実力校がひしめく。
 
第4ブロック 静高
2016 natsu-4.JPG

実力通りの戦いができれば、間違いなく優勝候補筆頭。
対抗は藤枝明誠。シード校以上の力を持つため、静高としては初戦が正念場となりそう。村木・谷脇両投手、浜松市選抜で同期だったエース・岡田和也投手の浜松工、昨春4位の原動力となった本来のエース・大橋建斗投手が復活した浜松商が追う展開。また、城南静岡の船川誠(84期)新監督の采配にも注目したい。
 
第5ブロック 東海大翔洋
2016 natsu-5.JPG

元巨人の原俊介監督率いる第4シード・東海大翔洋の力が抜きんでている。2年生でセンターを守る奥村光一選手に注目したい。昨秋県大会出場の静岡市立、桐陽、静岡学園等が追うが、力の差がありそう。
 
第6ブロック 常葉菊川
2016 natsu-6.JPG

高校通算40本塁打を誇る栗原健選手を中心とする打線は、破壊力十分。投手陣がやや弱いと言われるが、エース合竜杜投手の出来次第では、3年ぶりの頂点もあるかも?シード校・浜松修学舎、昨秋静高をあと一歩まで追い詰め、選抜21世紀枠にも推薦された主砲・小川慶太選手・水谷開人投手のいる浜松西が追う展開。
 
第7ブロック 静清

2016 natsu-7.JPG

シード校・静清が一歩リード。ただ、初戦であたると予想される池田新之介(112期)監督が率い、鉄腕・北川裕登投手が健在の島田商がひょっとすると・・・?名門・静商は高田晋松(104期)監督を迎え、河合優作遠藤響両投手の2本柱を中心に、夏に照準を合わせている。
 

第8ブロック 常葉橘
2016 natsu-8.JPG

第1シード常葉橘の力が抜きんでている。昨秋西部2位の浜名が追うが、牙城を崩すのは難しいのでは?


続いて静高が対戦すると予想される高校について・・・>>
 
2016/06/29    公式戦観戦記   |