MENU

資料室

第98回 選手権 静岡大会 二回戦(藤枝明誠)

160718-01.jpg160718-02.jpg160718-06.jpg

写真ギャラリーはこちら ≫

竹内、村木の継投、終盤打線爆発

梅雨が明けたかのような晴天の下、静高初戦の相手は一回戦をサヨナラホームランで制し勢いに乗る藤枝明誠。
今大会屈指の好カード、強敵相手に静高は初回から着実に点を重ね終始試合をリード。
5-2の静高リードで迎えた7回表、明誠に2点追加され5-4と1点差に追い上げられたところで、静高はピッチャー竹内からエース村木に交代。2死満塁のピンチ、一打逆転のピンチを内野ゴロで抑えた。
8回裏に静高打線が爆発、打者一巡5点追加の猛攻で10-4とリードを広げ試合を決めた。
これからは一つのミスが致命傷になる戦いが続く。
この勢いで目指せ3連覇!
今後も静高野球部への熱い声援をよろしくお願い致します!

 

試合日程・結果はこちら ≫

2016/07/18    公式戦観戦記   |