MENU

資料室

2016年4月16日 後援会総会・新入部員ユニフォーム贈呈式

【平成28年度後援会総会】
 平成27年4月より88期阿部裕之会長による新しい野球部後援会がスタートいたしました。 皆様のご協力とご指導をいただき無事一年を終了し、本日総会を迎えることとなりました。新後援会では、従来の理事に加え、阿部会長の88期以降の若い方々に幹事となっていただき、縦の繋がりを重視、会員増強に努めてまいりました。現在の会員数は290名(27年度末集計)、会費収入は3,155,000円となりました。
 本年も、野球部部則『我々は甲子園優勝を目標とする』にふさわしい後援会を目指し、同窓生以外にも広く会員、会費収入の増加に努めてまいります。本年度も後援会活動へのご支援、何卒よろしくお願いいたします。

【阿部会長挨拶】同期の横軸と先輩・後輩の縦軸
 平成27年度末、後援会会員数は290名、本日付けで317名となりました。3季連続甲子園出場を機に、100期前後の方々の入会も増え、前年度に比べ5割増加となりました。各期がそれぞれ独自デザインのシャツを作製し、横軸が繋がり、さらに、後援会でもオリジナルデザインポロを作製し、先輩・後輩の期を越えた縦軸が繋がりました。昨年11月の全体同窓会でも、野球部の活躍が話題の中心となっていました。2016年3月には後援会ホームページを全面改訂。会員専用ページの開設やミニブログの併設により、お知らせや試合経過を即時お伝えできるようにもなりました。今後は、卒業した選手の父母会を後援会会員として迎え、卒業後も多方面において野球部員を支える後援会を目指します。
 さて、平成28年度は、野球部創立120周年の節目を迎え、また2年後には、春の選抜90周年記念大会、夏の選手権大会第100回記念大会にもあたります。記念大会での静岡県代表は、やはり『静岡高校』でありたい!さあ、皆さん、野球場へ応援に行きましょう!母校のバックネット裏に行ってみましょう!


【135期野球部16名 ユニフォーム贈呈式】
20160416-3.jpg20160416-5.jpg20160416-4.jpg

毎年恒例 新入部員ユニフォーム贈呈式!今年は135期16名に、阿部後援会長から伝統ある静岡高校のユニフォームが手渡されました。新入部員一人一人が手にする最初のユニフォーム。静高野球部の伝統と誇り、この日の決意を胸に、これからの活躍を期待します。
新入部員一人一人の決意は、『野球を通して人間として成長する』『ここにいる仲間と力を合わせて甲子園を目標とする』など、非常に力強く頼もしいものでした。これから始まる高校生活を通して学ぶことはたくさんあるでしょう。周りの方々への感謝の気持ちを忘れず、『静高野球部の一員で良かった』と思えるような充実した時間を過ごしてください。

静高野球部 135期16名 入部おめでとうございます!

20160416-7.jpg20160416-8.jpg20160416-10.jpg 20160416-12.jpg20160416-11.jpg

20160416-1.jpg
 

【阿部会長挨拶(父母会懇親会にて)】野球部を通じてつながる
 後援会の現会員は、290名。3季連続甲子園出場を機に若い世代もたくさん入会してくれました。同窓生だけでなく一般の人も静高野球部でつながっています。
 私は、球場でいつも感じることがあります。皆さんが試合2時間前に集合し、座席の拭き掃除、横断幕の取り付けなど実に手際よくキビキビ動いている姿は、グラウンドにいる生徒と同じくらい感動します。また、遠征や練習試合の準備にもご尽力いただいております。家族で目指す甲子園ですね。試合中選手の良いプレーに、お母さんはハイタッチ、お父さんはメガホンで頭をたたいて喜び合う・・・なんとも羨ましい光景ですね。自分のことのように私も気持ちが入ります。今後とも、後援会と一緒に選手をバックアップしていきましょう。
 ところで、学校での目的には、社会性を獲得することが挙げられます。人間関係・礼儀・感謝などです。そこで『知ること』と『判ること』について考えると、理論だけを頭にインプットしても、身体で実体験をしていないと本当に判ったことにはなりません。野球は身体が覚えます。身体が反応します。具体的に、気合とは集中力根性とは忍耐力ドンマイとは気持ちを切り替える力チームワークとは人の役に立つ力など心を磨くことができます。
 これから後援会は、卒業した選手の父母会を後援会会員として迎え、卒業後も多方面において野球部員を支える後援会を目指します。最後に、先ほど後援会総会にて新入部員の皆さんに最初のユニフォームを贈呈してきました。このSHIZUOKAのロゴマークが入っています。ご父兄の皆さんにもこのタオルを差し上げます。夏に向かって一緒に汗をかきましょう!


 
2016/04/23    イベント   |